17 Dec 2019

ショーとセッションの違い

なんだかんだでこっちでも各国を飛び回る日が多いんです。
じっとしていられない性なのか、単に変態なことをしたいだけなのか、、。

さてヨーロッパでいろんなフェティッシュパーティなどに呼ばれる機会も増え、
何ならショーパフォーマーとしての仕事の依頼も多くなってきました。

ショーとなると構成なども考えなくてはならないし、何よりパートナーも考えないと
いけません。
幸いにもこちらには「僕をいつでもショーやビデオ撮影に使ってください!」などという
変態も多いのだが如何せん知らんやつとはショーには出れません。
というより出たくないだろ、そんな美味しいとこどりしようとかいう気持ちのやつと。

最低でも数回ぐらいはプレイしてて二人の世界観がマッチしてないと無理かなー。

ショーは完全に見世物であって、手っ取り早く言えばビジュアル重視。
自分自身のセルフプロデュースやインパクトのある内容が大事と私は考えています。
セッションはお互いの空気感や感情を読み取りながら、相手の変態性を曝け出していく
楽しさがある一方で、それをそのままショーにできるかと言ったらそれは無理。
当人同士でしかわからない秘密の秘事がセッションなのです。

さてショーの話に戻りますが
日本人のbdsmパフォーマーとなると完全に縄スキルは当然とみなされていて、
ほとんどの日本人は縛りメインなショーを展開している。
日本でもそうですよね、縛ってからの展開ありき。
素敵だしすごいなと思うんですけど、やっぱり途中で飽きるんだよ正直。


ということでだったら私はインパクト勝負ということで縛りはそこそこに、
ハードコアCBTを公衆の面前で繰り広げることにした。

5000人超が大盛り上がりしているパーティの中で、
私は粛々と奴隷をフルレザーの拘束衣に着替えさせる。
マスクもついてるから顔も見えない。
何てフェティッシュなのかしら、と一人で悦に、、、。

そのまま椅子に座らせ、局部の下に板を設置。
ささっとエタノールぶっかけて消毒し、ラテックスグローブを装着。

何の前触れもなしに、釘を取り出して局部を板に打ち付ける。
観客からもれる悲鳴。←主に男。
お前は何をやってるんだ!クレイジーだ!という叫び声。

そのすべての声をさらなるエネルギーに変えて何本も何本も打ち付ける。
玉の部分と局部の皮も一緒に打ち付け、完全に変な物体と化した奴隷の局部。

その後一本一本抜いていき流血するさまを堪能。

まぁインパクトとしては十分だったのではないだろうか。

次回は可愛いM女とのショーとか、奴隷2名とか使ったショーとかやりたいなー。

それはさておき、私来年初めの4日からクラブドミナに戻ります
まぁ例の如く1ヶ月ほどしか日本に滞在しないのですが、その間休まず変態活動します!

東京は1/16〜18の予定、そして今回はまた福岡にも!1/28-30 の予定!

タイミングが合えば早めのご予約をお待ちしています!

写真はショーのバックステージ!
狂気のサスペンションアーティストと一緒に撮りました!




11 Oct 2019

専属奴隷なるなる詐欺

こんにちはー。
日本はまだまだ暑いっぽいですね。
こちらはもうすでに毎日小雨ぱらつきがちの雲厚めな毎日です。

さて、こちらへ戻ってきてから一人の変態(オランダ人)が頻繁にメールをよこしてきています。
何でも、今までお仕えしていたミストレスに関係を切られたので私に代わりに奴隷として
飼ってほしいのだそう。

この変態とは以前一度だけプレイしたことがあって、それが彼にとって人生初のSMプレイ。だったらお前はどうやって今までそのミストレスにお仕えしていたのか、っていう、、。 聞いてみればそのミストレスとやらもプレイの経験など全くないらしい。
どういう関係性なんだよw

しかもかなりの数のメールが来てどうすれば奴隷にしてくれるのか、とか
ルールを決めてくれとかもう信じられないぐらいしつこい。
挙げ句の果てに自分の局部写真とかおナニー写真とか送ってくるしw

なのでまずはそういうところから間違っているよと優しく諭す。
そしてとりあえず基本的なことを教えるために再度プレイすることにした。

前回プレイした際に、軽めの鞭とアナルなどしてみたので今回も少し鞭でいたぶってみた。するとすぐにうめき声を出して「僕は鞭が好きじゃないと思う」と主張し出したw
お前が奴隷というものを理解していないが故の罰としての鞭なのだから、
せめてあと20発は耐えろ、と半ば強制的にガンガン鞭を振るう。

呻きながらやっとの事で20発を耐えたところで
今度は縛って色々してみようと思った途端、こいつは私の胸に手を伸ばしてきた。
すぐさま両手をガッチガチに緊縛し、そのまま掌底を食らわせ
「お前考えてみろ、奴隷がご主人様の胸触るとかありえるか?奴隷だぞ?死刑ものだよな。メールでも何回も胸触りたいだの裸が見たいとか言ってたよな?
セックス求めてんなら違うとこいけよ。何が奴隷にしてくださいだよボケが」
その勢いで思いっきり玉を握りあげて「奴隷ならこれいらないよね?」と笑顔で確認。
泣きそうになりながら謝罪する奴隷詐欺野郎。

こんなやつが奴隷とかかなり疲れるだろうし、関係を切られたとかいうのも納得w
単に性の快楽の一種として奴隷というものを楽しみたいなら、私ではない人に飼ってもらいたい、と伝えると「いやだ、どうしても奴隷になりたい。教えてくれ、頑張るから」

とりあえず返事は保留でずーっと過ごしているが毎日10通ぐらいメールが来ている。
ご丁寧に自分のセフレとの行為への許可を求めてきたり、
貞操帯をつけてみました!みたいな自作自演めいた写真送ってきたり。
全くもって私の思っている奴隷には程遠いのだがちょっと面白くなってきたので
このままどうなるのか見ていこうと思う。

とりあえず基本は、ご主人様に喜んでもらうにはどうしたらいいかを一番に考えろ!
と伝えると、真っ先に変態マスク被った写真送ってきたからねこいつはw
でも何でもする!て口では言っているのでオランダ来た際にセッションしたい方は
こいつも含めてプレイすることも可能ですw

写真はそんな詐欺野郎とのプレイ。

それでは皆さま、近々また更新しますのでお楽しみに!

17 Sep 2019

行動することがとりあえず大事。

サボりにサボってもはや半年ぐらい更新していないのではなかろうかと言った具合のブログ、、、。
会う人会う人に更新をせがまれ、罪悪感でいっぱいでしたがオランダに戻った今
じっくり更新していこうと思っています。

ここ最近はたくさんの変態さんとの出会いで大いに勉強になったり楽しんだりで
大変充実しています。

日本滞在中は、前回台風で延期になってしまった福岡出張も
やっとの事で実現できました。

地方に行くとやっぱり普段出会えないような変態さんと会えてとても楽しいし、
変態のみんなが私が来てくれたことにすごく喜んでくれるからなんか必要とされているような気がして嬉しいです。

綾乃ちゃんとも話していたのですが、これは是非日本全国の主要都市を回ってみたい!
変態セッションツアーを組んで日本縦断ツアーをするべきでは?
と急に思い立ってしまったのです。

昔から気になっていたけどどうしても勇気が出ない、とか大阪や東京に行くチャンスがない、とかいう人には背中を押すきっかけになるのではと思っています。

まぁチャンスがないとかいう人は、どんなことにおいてもチャンスを逃し機会損失という
痛手を多々背負っていくような方ですから、これは自分でしっかり改善しましょうw

行きたいと思ったところには行く、会いたいなと思った人には会いに行く。
基本なのですが、色々言い訳をして先延ばしにしがちな人生。

私はこんな変態生活をしていながら、フラフラと自由気ままに行きていますが
それもこれも行動力のおかげだと思っています。

行動は自分の気持ちを示す唯一無二のアクション。
いくら言葉で言っても行動で示すことのインパクトの大きさには変えられません。

何度もこのブログで言っている通り、人生は死ぬまでの暇つぶし。
そして死ぬまでの期間、自分の周囲の環境もすごいスピードで進んでいきます。
したかったことを後回しにした結果、もうそれができない状況になっていることだってありますし、会いたいと思っていた人が亡くなったり、連絡が取れなくなったりすることだてあります。
何にしろ、永遠などないのです。

行動を起こした結果として、マイナスになることなんて一つもないのです。
そしてその行動が他人に喜びをもたらすとしたら行動しない意味とは?てなりますよね。

ここ最近はツイッターなどを見て、SM自体に興味はなくても私という人間に興味を持って
会いに来てくれる人も増えています。
会った後から色々と元気がもらえた!何だかやる気が出た!など、
なぜか変なセミナーの後のような前向き人間を増殖させていますw。

SMというのは、普通のセックスなんかよりももっと深いところで繋がり会うことで、
人と人として中身を解放できる行為だと思っています。
私もSM観とか話すの好きじゃないのですが、難しいことは抜きにしてお互い楽しんでいい時間を過ごせるのが一番。

日本でも外国でも基本は一緒です。
さ、次回からはいろんなプレイ日記を更新していこうと思います!

オランダでのお気に入り奴隷とのプレイを動画でアップしました。
こちらから購入、ダウンロードできます!


こちらでも動画クリップあげてます。iwantclips.com

そして月額制のファンサイトがこちらonlyfans.com/mizuki-bloody
まだテスト中ですが、プライベートやプレイ動画、写真など毎日あげていこうと思っています。
メッセージなどでの交流もできます。

では皆さま、すぐにまた更新したいと思いますので要チェック!!


16 May 2019

非日常と日常のスイッチ

またしても更新が滞っておりましたね。
オランダから帰国してすぐにドミナに戻り、ゴールデンウィークに突入したので
色々とバタバタしておりました。

ゴールデンウィークはこれまたいろんな変態と時間を共にすることができて
とても有意義に過ごさせていただきました。

次回の出国は6月5日。
実はちょこちょこと正式にビジネスのビザを取得しようと思い
水面下で動いており、いよいよ認可が降りそうです!

そうなると日本に戻ってくる比率が少なくなると思いますので
限られた時間は目一杯出勤して、楽しい時間をみんなと過ごしたいと思っています。

さて本日のトピックは非日常と日常。
もちろんSMクラブへやってくる人の大半は非日常へのスイッチを入れたくてやってきます。
普段は絶対に見せない自分、人には隠し通している一面、そういったものをさらけ出しにくるわけです。
もちろん性的なことも密接に関連しているわけですが、脳のリミッターを外すようなそんな感覚でしょう。

そのスイッチを入れてあげるのはこちらのお仕事。
そこへ至るまでの雰囲気だったり、好きなプレイだったりそれは様々。
どんなことがハマるのか探りながら徐々にスイッチを入れていくわけですが、
時には全く反応が見えないこともあります。←困りますねw

今回はそんな無反応な変態のお話。

せっかくスイッチ入れにきているのに勿体無いねー、と内心思いながら
少しきつめに罵倒していきます。
言葉の勢いで精神的に追い詰め、時には軽くビンタなども入れながら反応を見ます。
怯え始めたらそこからはもう好きなことし放題です。
恐怖は一種の洗脳。

人生でこんなに大声で罵倒されたことなんてないだろうなってぐらい追い詰める。
髪を鷲掴みにし、床に顔を擦り付ける。
そこへ唾を吐きつけ、顔に塗りつける。
涙目になりながら四つん這いで懇願するような目をこちらに向ける変態。
さぁなにが欲しいのかな? どうせなにも言えないでしょう?
反応がないなら単なる性奴隷として扱うのが信条。
そのまま恥ずかしい格好で縛り上げ、風呂場に放置し一気に高圧浣腸をぶちこむ。
為す術もないまま珍しく大きな声をあげて、脱糞してしまう変態w

こうなると人のメンタルって少し変にハイになってきますw
もうどうにでもなれ、って感じなのでしょうか。めちゃくちゃいい顔して怯えてます!
でもアソコはなぜか大興奮!!w

汚いケツを水責めがてら湯船に沈めて綺麗にし、洗い場に出して四つん這いにしそのまま後ろからケツにディルドーを打ち込む。
そのディルドーを私の膝で押し込んで固定しながら背後から頭を湯船に何度もつける。
水責め続行w
しかし片手は大事なアソコを弄り続ける。

リズミカルに水の中へ突っ込まれる顔から大声で何か叫び声が聞こえた(水の中から)w
その叫び声と一緒に完全に頂点に達した変態。

そのままがっくりと洗い場に倒れしばらく動けなかったが、小さい声で
「さ、最高でした、、、、こんなにめちゃくちゃにされたのは初めてでした、、、」

あんなにリアクションが薄かった変態がここまで変わるとは!
自分という人間がぶち壊され、何か新しいものを感じることができたようです!!w

何度も言いますが、SMプレイは共同作業。
お互いが楽しみ、変態をさらけ出さないと意味がありません。

あなたの普段の姿など私には一切関係ないのです。
目の前にいるド変態が自分の欲望を貪り、それを私と共有することこそが最高に興奮するのです。
なのでその度量と力量がこちらになければいけません。

プレイにおける説得力というかなんというか、ボディのメンテナンスもそうですし
ストイックに自分をマネジメントすることは基本中の基本。
いつでもどんな変態も受け入られる自分でなければならないんです。

世界中に変態はいます。
その心を掴むのは外でもないド変態な私なのです。

こんなこと書くとまた怖いだとか言われるかもだけど、
俗にいう本当にソフトーなプレイもたくさんしてるんですよ?←焼け石に水、、、


20日から23日まで東京、そしてもしかしたら28日は上海へ出張プレイ!
忙しいですが楽しいので毎日ワクワクです。
タイミングが合えば会いにきてくださいねー!




1 Mar 2019

春めくヨーロッパで口に泡を詰め込むお仕事

みなさん、しんじられますか?
ほぼ2ヶ月ほどブログを更新していなかっただなんて、、、。

たくさんの方々からブログの更新を暗にプッシュされながら早2ヶ月、、、
ついに本日更新します!←大げさ。。

さて今現在ヨーロッパにいる私ですが1月半ばから出国までの2月頭まではかなり
多忙でした。
東京行きもあったし色々バタバタしてましたね。
でもやっぱり東京に行くとまたいろんな変態と会えるし!
大阪と東京ってやっぱかなり違うしねw


そんな本日、私はこちらでかなりの変態とセッションをしました。
海外でもそこそこいろんな変態と出会うのですが
今回もまたおかしな性癖を持った変態でしたね。

彼はベルギー人。
以前からメールのやり取りをしていたのですが今回やっとタイミングが合い
プレイをすることに。
メールの時点でどんなことに興奮するやつなんだろうな、と色々探ってたのに
全然それについては語らない変な男w
頑なに直接あってから言いたい!の一点張り!

私の経験上希望のプレイ内容を事前に電話口やメールで言ってこない相手の場合、
結構マニアックな変態か、ソフトプレイのみ!のどちらか。
海外の場合以外とソフトが多いような気がします。ていうか両極端ですね。
そういうところが面白いんですけど。

とまあそんなこんなでそのベルギー紳士と初対面。
のっけから顔面フルレザーマスク!!!っっw
しかも口のとこだけ開いてる!

ちょ、とりあえず最初は普通に会話しようよ、、、
という私の気持ちを全く無視して私の足を舐めようとするベルギー紳士。
こら、勝手に何しとんねん。
一発キレておこうと思って思いっきりぶん殴ってやりました。←ひどいw

許可なく勝手に何してんのよ、と聞くと口から血を流し涙目になりながら謝る紳士。
まだお前の好きなプレイだとかそういう情報まだ全然ないんだけど?
ないならないで勝手に進めさせてもらうよ、お前の今犯した無礼をネタに
ズーーーーっといたぶんぞコルァ。
てな感じで医療ベッドに寝かせガッチリ固定。

そこでようやく彼は自分の思いを話し出したのです。

「ミストレスミズキ、、、どうか聞いてください。
僕はマウスソーピングフェティッシュなのです、、、。」

え???は???なに?なんて???

初めて聞く単語に一瞬戸惑う私。
英語だったのか今の?いやこいつベルギー人だからオランダ語かドイツ語だったのか?
あえてもう一度ドイツ語で聞こう、、。
「Was hast du gesagt????」

「Mondzeep、、、、」

ドイツ語で聞いたのになんでオランダ語で返してくんだよこいつ、、


ちなみにヨーロッパ圏では2、3ヶ国語話せるのはそこそこ当たり前。
特にベルギーだとフランス語とドイツ語、そしてオランダ語を話す地域があります。
英語を話さない人もいるのですが経験上ドイツ語ができれば
どんな場面でもナメられません!
フランス語もできれば心強いですね。私はフランス語に全く興味がないため全然です。
ボンソワール♪とかしっくりこないw
さて、ではベルギー紳士の話に戻りましょう。


マウスソーピング、、、そう言ってたな、、

聞き間違いかな、、でもやっぱ英語で言ってたのと同じだな、、、

そうです、彼はマウスソーピングに性的興奮を感じる変態なのです!!←何それ。

まじでなんなのそれ?ってお思いでしょう?
では説明させていただきますね!

1、私が自分の手を洗う。足でもなんでもオッケー
2、その際に石鹸の泡ブクブクにする
3、その泡をこいつの口の中に入れる

そうただそれだけ!!!簡単でしょう???いえーい!

特殊な性的嗜好についてはどうしてそうなったのかとか聞くのはナンセンス。

思いっきり遊んじゃいましょう!
私は彼の持参したハンドソープを思いっきり20プッシュ
自分の唾で柔らかくしもっこもこの泡を立てた。

自分の唾で泡だてたのがツボったのか初対面で20プッシュがこいつのツボにはまったのかよくわからないが股間をギンギンにさせてる紳士。
ベッドに縛り付けられてるから全く動けないけど口の中泡だらけw

大丈夫なの?体に害はないの?とかそういうのいらないのでw
彼はそれが好きで思いっきりやってくれる人を探し求めていたのです。
だったら私は最高の泡だて師になってやろうじゃないか。←もはや女王様とは違う仕事。


彼が口の中で角が立った泡をモゴモゴしいる間に、私はグーグルでさらにモコモコの泡を立てる方法を検索。
洗面器で大きく空気を入れてかき混ぜる、、、かぁ、、。

やっぱり洗面器がないとダメみたいだなー、、。
と思ったらあったし!!!!
そこで適度な水分とソープを投入するのだが、私は思いついてしまった。
聖水で泡を立てちまったらいいんじゃないか、と。。。

どうせ縛り付けられてるし嫌がっても口開けてぶっ込めばいいや。

というわけで紳士にこっちを見るように促し洗面器に聖水を投下。
さらにソープ投下!そしてそこらへんのケインの折れた残骸を使って泡だてる。
紳士はこれからどうなるのか予想もつかないようだった。
その泡を思いっきり口の中へ。
それでもまだまだ泡があるのでまたしても思いついてしまった、、、。

浣腸しちまえばよくね?

アナルに至ってはなんの経験もないし好きでもないと言っていたこいつ。
でもせっかくだしこんなに泡ができたのにお前の処理が遅いからつまんないんだよ、とか
難癖つけてケツにぶっこんじゃお作戦開始!



縛り付けてた足を開いて縛り直しパンツを脱がす。
「な、何をするの?いやだ、助けて」とか口ブクブクさせながら叫ぶ紳士。
その叫びをBGMに私は浣腸器に泡を投入。
ついでに下の方に沈んでた聖水ももれなく混入。

スムーズな手つきでするっと紳士のケツに押し込まれる泡。
空気みたいだからふわふわ入っていきますw

「僕のアナルから聖水とそれで作られた泡が無理やり入れられているの??」
現実を丁寧に言葉に出してくれる紳士。
言葉を発するたびにちょっとしたシャボン玉が口から出てくるのがちょっとツボるw

初めて人のおしっこを無理やり体に入れられ、しかもケツの穴から、、。
きっとただ単に口の中を泡泡させてもらいたかっただけだったろうに、、。

そんな紳士ですがケツに4、5本注入した時点で何もしてないのに脳イキ、、。


こんなにめちゃくちゃにされたのは生まれて初めてです、、。
と可愛い声で嘆く紳士。

変態に終わりはないんだよ、いいね。


帰りに二人でベルギービール飲んで解散しました。
彼がどんどん変態になっていくことに責任を感じながら
手の洗いすぎでカッサカサになった手にハンドクリーム塗りたくるみずきでした。

いやー世界には星の数ほど変態がいてそのどれもが個性的で面白い!

というわけで来週日本に帰りまーす!
どんな変態もウェルカムだぜーふふふ。


写真はお気に入りのストリート。